比較・検証後に太りたい私が選んだ太るサプリとその理由

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s

ここでは太りたい人にお勧めの実感にこだわった太るサプリをご紹介します

私も過去には太れないことで、いろいろ言われてきました。

本当に好きで痩せすぎの人なんて滅多にいないのに。

風で飛ばされそう、ガリガリ、もやしっこ、骨折れそう、ちゃんと食べてる?などなど。

太りたくても太れない人って普通に筋トレ、プロテインなどもやってもなかなか効果が出づらいんですよね。

 

太りたいのになぜ太れないのか?太れない原因は?

太りたくても太れないのは消化と吸収がうまくできていない方がほとんどです。

原因は様々で歯並びが悪いことや咀嚼不足などにより食べたものを小さくできずに胃へ運ばれてしまい、消化しきれないまま排出されてしまいます。

さらに太れない方は栄養の吸収率が悪い傾向があります。これは遺伝的な要因が大きく、同じものを食べても太りやすい人と太りにくい人がいるのは、この吸収率が大きく関係しています。

痩せている人がプロテインをいくら飲んでも太れない原因はこの吸収率が関係していることが多いです。

いずれにしても、太りたくても太れない方の多くは食事をうまく消化、吸収できていないことが大きな原因と考えられます。

 

太るためにはどうすれば良いか

では、どうすれば太れるのかというと、太るために食事をキチンと消化、吸収をすれば良いわけです。

消化を効率的に行うにはまず、よく噛んで食べることが大切です。

よく噛んで食べることにより、食べ物が胃に到達した後に消化されやすく、胃にも負担がかかりにくくなります。

さらに咀嚼をすることでインスリン感受性(栄養を体内に取り込むホルモン)が向上するため、咀嚼することは太るためには大事な方法となります。

他にも吸収率はどのように改善すればよいのかというと、一番効率的な方法は筋トレをすることです。

筋トレをすることで、インスリンの分泌を促します。

インスリンには栄養を体内に取り込む力がありますので、筋肉ムキムキにしたくない方でも太りたい方は筋トレをすることで栄養を体内に取り込みやすくし、太りやすくなります。

 

太るために必要な消化と吸収をサポートできる成分

とはいえ、胃腸が弱い、歯並びが悪い、吸収率が悪いというのは簡単に改善できないのが現状です。

そこで、太りたい人はサプリメントで消化と吸収をサポートするという方法がおすすめです。

太るためには消化と吸収をサプリメントでサポートしなくてはなりません。

まず消化をサポートするのに一番適している成分は『消化酵素』です。

消化酵素とはアミラーゼ、プロテアーゼ、ラクターゼなどのもともと人間の体内にある消化酵素のことを言います。

もともと体内にあるのになぜ、サプリで補うのかというと痩せている人は咀嚼不足など様々な原因により体内の消化酵素だけではキチンと消化できていないことが考えられているからです。

また太りたくても太れない人は胃腸の働きが弱い人が多いので『漢方』などで胃腸の蠕動運動を正常にサポートすることも必要です。

そして吸収をサポートするための成分として、インスリンの分泌や機能に大切な働きをするのが『亜鉛』です。

亜鉛が不足すると糖尿病になりやすいといわれており、インスリンの働きにはこの亜鉛が大切になってきます。

 

太りたい人のおすすめサプリ

この消化と吸収のサポートする成分を配合しているのがプルエルという商品です。

プルエルは太りたい人専用に開発されたサプリで92%もの人が太ることに成功したサプリです。

口コミを見てみても効果がありそうなのが、かなり伝わります。

私も3ヶ月間試してみましたが結果からいうと5キロ太ることに成功しました。

5キロも変わるとだいぶ見た目にも変化がでてきます。

周りの友人からも「最近太ったね」「たくましくなったね」など言われるようになりました。

ずっと「また痩せた?」しか言われたことがなかったので、この言葉を言われた時は本当に嬉しかった。

いままで何をやっても太れないという方は試してみてはいかがでしょうか。

このプルエルというサプリは成分を見ても消化酵素、漢方、亜鉛、GABAが含まれており、太るための消化酵素、吸収を助ける栄養素の亜鉛や胃腸を強くする漢方などが含まれているため

実感できるもの納得です。

知人の栄養士の人からもこの成分は理にかなっているとのお墨付きをいただきました。

太るために必要な成分がしっかり入っていて、消化酵素が生の状態でカプセルに入っているので、今まで太れなかった人でも個人差はあるでしょうが実感できるのではないでしょうか。

いままで太るためのサプリといえば消化酵素だけのものや胃腸をサポートするもの、ビタミンなどの栄養素を多く含んだサプリはありましたが、プルエルのような太る事に特化したサプリはあまり見たことがありません。

サプリメントを形成させる際、打錠のものだと、サプリメントを固めるために必要のない成分が多く入ってしまったりするので、カプセルタイプのもので生の酵素がしっかり入っている事も選ぶ上で大切なポイントです。

口コミでも結構多くの人が実感していますので、太りたい人には是非お勧めしたいサプリです。

 

太るためのカロリーは食事で摂取する

ここまで太るサプリについて説明してきましたが、太るサプリといってもあくまでもサプリメントですので、これだけ飲めば太れるというものではありません。

逆にあったら怖いです。。

まず太るための大原則としてカロリーを摂取する必要があります。

痩せている人は自分では食べていると思っていても、意外と食べていないことが多いのです。

ためしに自分の食事で摂取する1週間のカロリーを計算してみましょう。

一般的な成人の1日あたりの摂取カロリーの目安は1800kcal~2200kcalです。

これは身長や消費カロリーによって変わりますが大体の目安です。

これで計算すると1週間で総カロリーは12,600kcal~15,400kcalになります。

これがひとつの太る目安になります。

痩せている人は結構欠食してしまう方が多く、この必要なカロリーに達していない場合があります。

自分の1日の総カロリーを計算し、一般的な摂取カロリーより少ない場合、食事の量を増やす必要があります。

しかし、痩せている人は胃腸が弱かったり、消化や吸収が遅く空腹になるのが遅いため、総カロリーを増やすことは難しくなります。

そこで、サプリメントで胃腸を強くし、さらに消化や吸収を助ける必要があるのです。

サプリメントで効率よく消化、吸収をすることで食事もいままで以上に多く食べれるようになるはずです。

以上をふまえてみてもこのサプリはお勧めです。

まずは1ヶ月試してみれば実感もできるはずですので、是非痩せすぎで悩んでいる方は試してみてください。

太るサプリのプルエルはこちら

336_280

 

関連記事

a8eebb18bdce205aa19267373efaca82_s

胃下垂は太ることができない!?太る方法はあるのか?

胃下垂は太らないなんて話を聞いたことはありませんか?胃下垂の特徴は、食事をしたあとに下腹部が

記事を読む

e17c0ede24ec7e82b9c63d8e424e1ebb_s

筋トレで太る!太るための運動方法とは

運動をするということは太る方法というよりも痩せる方法と思われがちですが、太るためにも運動は必

記事を読む

e80b90a1151dd6d5aba2e1758677131e_s

女性の美しく健康的に太る方法とは?太らない悩みを解決しよう

痩せすぎていてガリガリで悩んでいるという女性は、どうにかして太る方法を知りたいと思っています

記事を読む

ade493c7a89ab8a12bb4d512e64634be_s

簡単に太る方法を大公開

痩せすぎの人というのは体質で太れないためになかなか簡単に太ろうと思っても難しいと思います。

記事を読む

852490048e193304534ef452b17b1e5b_s

痩せすぎている子供の太る方法ってどんなこと?

太りすぎている子供ってよく見かけたりもしますが、痩せすぎている子供もいるものです。 痩

記事を読む

3aaaa24d92874eabd60c312083bd76c1_s

太りたい人は甘いものを食べると良い?綺麗に太る方法とは

甘いものはダイエットに大敵とよく言いますね。 では逆に考えると甘いもので太ることができると

記事を読む

cde418a11a4ffec8adb4cc92e77b8ceb_s

胸が太る方法を知りたい!バストアップしたい時に意識すること

全身が太らなくても良いけれど、胸が太る方法が知りたいという女性は世の中にはたくさんいます。

記事を読む

9a62576f429ce7100121ba34f4d1ae90_m

間食で太る│間違った太る方法

痩せていない人にどうやれば太れるの?と聞くとまず多く聞くのが間食です。 痩せすぎていて

記事を読む

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

下痢は消化不良で起こる!下痢をしやすくても太る方法とは

ガリガリな体型でどうしても太ることができないという悩みを持っている人はたくさんいます。

記事を読む

be92c688e565f85f44ad7b98685f1898_s

確実に太る方法 太りたい人が実践すべき5つの大原則

太りたいのに太れないそんな悩みの方は意外と多いのです。 私もそんな中の一人でした。

記事を読む

PAGE TOP ↑